サラリーマン副業を考えた理由

起業

先細りの不安

会社を登記し、法人用の銀行口座も開設できたので、少し振り返って副業を始めた理由を書いていきたいと思います!

いままで僕は、ちょうど5年おきに職種を変えてきました。すべて同じ会社のグループ企業になりますが、職種が変わり携わるひとも変わるというのは、グループ内であってもプチ転職みたいな気分でした。

いつも自分の望んだ仕事をやらせてもらっていたこともあり、やりがいもあって仕事に不満は感じなかったのですが、年齢を重ねていく内に、やはり収入の不安というものが出てきていました。いわゆる先細りというやつです。

見えない不安の原因

長く同じ会社組織の中で働くというのは恐ろしいもので、新陳代謝がない周りにいるひとたちの生活水準は同一になっていき、同一になることで向上心や危機感が薄れていくといった現象が出てきます。「隣のひとも同じ暮らしをしているのだろう」というやっかいな考えですね。死んだ魚の目の誕生です(笑)

大企業や公務員の場合は、給与や福利厚生がきちんとしているので、考えが同一になっても問題ないのですが、中小企業でこの体質がでるとひどいです。自浄作用というものがなくなりますからね。低い生活水準から出ることを兎角面倒くさがります。同一からの離脱。一歩踏み出す挑戦を嫌ったひとしか会社にいないわけですから当然といえば当然です。

追い討ちをかけるのは、同じ中小企業であっても斜陽産業な場合、会社自体に劇的な売上げのアップが見込めません。経費節減により利益の差は毎年ありますが、売上げは例年ダダ下がりです。子供が小遣いを減らされ、減らされたお小遣いの中でやりくりするような感じです。親が子供に節約しなさいというのことの大人バージョンですね(笑)

個人と法人、従業員と経営者をダブルワーク

僕個人については、毎日の消費も贅沢な趣味もさして無いため支出は抑えられているのですが、このままの収入では未来へのワクワク感とモチベーションを維持することが難しくなっていくだろうと思っています。

そういったこともあって転職やアルバイトなども考えたのですが、他人のために雇われて働いていたのでは今までと何も変わらないこともあり、思い切って投資を目的とした会社を登記しました。

幸いトライ&エラーができるギリギリの年齢だと思っています。挑戦に失敗してまた奴隷(笑)に戻っても最小の生活は維持されていますので問題ありません。また資金を貯めて仕切り直せば良いだけです。

少しでも、アラフォーでモゾモゾしている同じ環境のひとたちの気づきになれれば良いかなと思います (◍•ᗜ•́)✧

最後まで読んでいただきありがとうございます (◍•ᗜ•́)✧
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

起業

Posted by ゆきえもん