目指すはサラリーマンからの脱却(セミリタイア)

起業

会社生活は「他力本願」?

サラリーマンでありながら会社設立をしつつ、もうひとつの目標として、サラリーマンからのセミリタイアも視野に入れています。

サラリーマンの会社生活は本当に「他力本願」のひとことにつきるかと思っています。

会社へ入社するには、まず選ばれないといけない。働き始めても、社長以下の命令系統に従わなければならない。などなど、誰かがが決めた範囲で業務を行なっていくことが基本だからです。いきなり最悪の論調ですね(笑)

ひとりで仕事をまわせるようになると、なぜ上司って必要なの?役員って必要なの?といった理不尽さを覚えてきます。まあこれも他力本願所以の現象ですかね。

もちろん、本質は会社は従業員に安定を供与することへの見返りに、その理不尽さも求めてるわけで、決して一方通行だけのお話ではないことは十分わかっています。

資本主義の原点ですものね。…う〜ん(笑)

セミリタイアへ向けてのスキーム

そんなこんなで、プライベートカンパニーでの活動は、セミリタイアへ向けた準備とも考えています。

驚いたことに勤続20年余りの加入期間で厚生年金を計算してみたところ、意外な額になっていました!この辺りは社会保険を持ってくれている会社に感謝ですかね。ただ会社は一族企業なんですよね〜(意味深)

さらに驚いたことは、この後、厚生年金に加入し続けたとしても、さほどの上澄みも無いことも分かりました(笑)

ということは、ここで厚生年金への加入を辞めて国民年金に切り替えたとしても、そこまで65歳からの月額に大きな変動はありません。

あとは、それまでの20年以上の期間をどうしのぐか!当然、投資と利回り、またはダブルワークにより副収入が得られるがことが重要になってきます。

つつましやかな下町の生活水準は保持しつつセミリタイアできるようなスキームを、今後は具体的に作成して行きたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます (◍•ᗜ•́)✧
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

起業

Posted by ゆきえもん