初心者が初めて決算書を作成してみた!

2019年10月21日株式, 起業

初心者なので帳簿の作成からてんてこまい!

だいぶ間が空いてしまいました。久しぶりのブログの更新です。

法人税の申告が一応片付いたので備忘録として残しておきたいと思います。

僕の場合、副業の法人の決算を7月末にしたため、法人税の申告は9月末までに行わなければなりません。

いくらひとり法人だろうと決算書の作成は必須です。8月も末になってきたあたりでようやく手をつけ始めました (´◦ω◦`)ダメジャン!

会計ソフトマネーフォワードの経費サービスを使ってひたすら伝票の入力を行なっていきます。スマホカメラで撮影しただけで電話番号を元に自動入力されるのはやはり素晴らしいです。

いまや必須となりつつある機能ですがこれがなかったらもうアウトでした。ために貯めた1年分の膨大なレシートを手入力するのは無理。。。

「マネーフォワード」では、帳簿をつけるだけで以下の書類が自動で作成されます。

・貸借対照表
・損益計算書
・販管費内訳書
・株主資本等変動計算書
・個別注記表
・表紙

税理士さんの費用を払えるほど売上がないので、頑張って自分でパチパチ処理していきます ( ᵕ_ᵕ̩̩ )

初心者なので株式の「売買」仕訳も大変!

1期目なので、株式の購入があります。法人化のスキームの一環で、株式の売買と保有を法人口座で行なっています。

株式(有価証券)を仕訳するにあたり、簿記上には、目的別で区分けされたいくつかの分類があります。…ここですでにめげ気味。

1、売買目的有価証券
短期売買による損益を得るために取得する有価証券
決算時の評価は時価にてを行います。「売買目的有価証券」を使って仕訳し、評価差額は当期の損益として記入します。

2、満期保有目的の債券
満期まで所有する社債やその他債券
決算時の評価は、取得した際の価格でB/Sに記入されるため時価での評価は必要ありません。「満期保有目的証券」として記入します。

3、子会社株式
所有している子会社の株式
決算時の評価は、取得した際の価格でB/Sに記入されるため時価での評価は必要ありません。「子会社株式」として記入します。

4、関連会社株式
ある程度の数量を保有している子会社ではない会社の株式
決算時の評価は、取得した際の価格でB/Sに記入されるため時価での評価は必要ありません。「関連会社株式」として記入します。

5、その他有価証券
1〜4に当てはまらない有価証券
決算時の評価は時価にてを行います。「その他有価証券」を使って仕訳します。全部純資産直入法または部分純資産直入法のどちらかを使って評価差額を計算します。

さて、頑張って記入していきます。

勘定科目の仕訳は、増加を「借方」、減少を「貸方」に記入します。
以下の仕訳例では、資産としての株式(有価証券)が50,000円増加し、現金が50,000円減少しています。

■株式(有価証券)を購入した場合の仕訳例

借方 貸方
有価証券 50,000円 現金 50,000円

 

また、売却した際の仕訳は以下となります。

以下の例では株式(有価証券)の減少額が50,000円、現金の増加額が60,000円と仕訳していますので、借方と貸方とに10,000円の売却益が発生しています。

■株式(有価証券)を売却した際、利益が出た場合の仕訳例

借方 貸方
現金 60,000円 有価証券 50,000円
売却益 10,000円

以下の例では株式(有価証券)の減少額が50,000円、現金の減少額が40,000円と仕訳していますので、借方と貸方とに10,000円の売却損が発生しています。

株式(有価証券)を売却した際、損失が出た場合の仕訳例

借方 貸方
現金 40,000円 有価証券 50,000円
売却損 10,000円

ぎりぎり理解の範疇です(笑)

決算書を自分で作成するのは意外と簡単?

それでも自分で帳簿をつけてみてわかったのですが、意外にできてしまうものです!…帳簿まではね。

などで、すでに経費の難しいところの計算はできていました \(*ˊᗜˋ*)/

 

こちらも準備済み (๑•᎑•๑)♬

 

出張旅費規程も作成していましたし、株式の売買もなんとか記入することができました。

 

法人口座も、住信SBI銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のネット銀行大手3行に口座を開けていたので入出金連携も全く問題ありませんでした ٩(ˊᗜˋ*)و✧

 

といいつつも、まとめ打ちはとにかく大変(汗)1期の反省を元に今期は2ヶ月分をまとめて打っています!

副業でのひとり法人なので社会保険や労務費などは除かれていますが、初心者でも決算書(法人税の申告書)までできてしまうのはまさにクラウドの時代になったと実感します。

僕の場合は、外国株の配当を主な売上にしているので「配当」の処理がまた複雑なのですが、ぜひノウハウを身につけていきたいと思います ٩( ‘ω’ )و

最後まで読んでいただきありがとうございます (◍•ᗜ•́)✧
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2019年10月21日株式, 起業

Posted by ゆきえもん