今年二度目の暴落も直撃・・・

株式

久しぶりに目が覚めるような一撃を脳天から受けたようなショックでした…。

2018年10月10日の米株で大暴落発生

もう少しこう、予兆があっても良いと思うんですよね、いつも。

今年の2月に引き続き、NYダウ前日比-831.83ドル安の直撃をもろに受けました。

まだ、法人口座での取引きが開始されていないので、株式は今も個人口座で持っています。

今年に入って30%以上のマイナスを受けているのにもうそろそろ限界に近いかも…。

さらに悲運だったのは、ちょうど止めたはずの信用持ち越しをほんの軽い気持ちでやってしまい、前日に大きく日本株の買いポジを取っていました。

また、基本ナスダックというか、FAANG株も多くポジっていたので、当然この日はさらなる全面安の直撃を受けています…。

なかなかの痛手だったため、メンタルを取り戻すのに時間がかかってまったのですが、少し冷静になれたので、記録を残しておきたいと思います。

暴落?急落の原因とこれから

急落の原因は、米長期金利の上昇に嫌気が刺されたため、米中貿易摩擦の長期化懸念などと言われています。

一時の調整というには下落幅が大きすぎますが、米株は過熱感が半端なかったので、今回はほんの冷や水くらいで収まってくれればありがたいのですが。

米経済自体はまだまだ堅調と思っていますし、決して不安はつきませんが、調整に入るのはもう少し先(※注1)になる気はしています。

実際、ここで少し買い場を与えてもらえたと思って仕込めるようなスタンスが取れれば良いんですが、残念ながら僕の場合は損きりの嵐でした。

※注1:実際はすぐにやってきました…。

何せ、信用の整理が先だったので、追証対応もしなければいけないし、到底、次の一手は打てませんでした。

今後の対策

ポジの縮小!これに尽きると思っています。

分かりきっていることですが、大きな損失を短期間で取り戻そうとしていることで、さらなる損失を生んでいます。

怪我が治らないうちに、無理して大怪我をしてしまうのと一緒です。貧乏体質への依存ともいうべき事象ですね。

それともうひとつ比率の徹底です。

僕は初心者ながらに損失額の額面を計算してしまうくせがあります。

決して悪いことではないかと思いますが、金額で考えると落ち込みが激しくなるのと、ショックで思考が一時止まりますね(苦笑)

ポートフォリオの比率管理を重要視することと同時に、損切りも小さくできるようなポジション管理を徹底していこうと思っています。

早く法人口座開きたい!

最後まで読んでいただきありがとうございます (◍•ᗜ•́)✧
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

株式

Posted by ゆきえもん