2019年度の方針と目標

株式

失敗はしっかり検証するけど、決してくよくよしない。

と言いつつ、まだまだAppleショックから抜け出せないでいるゆきえもんです。

Appleに偏っていなければ… きちんと分散投資していれば… と思うと残念で仕方ありませんが、現実を受け止めてしっかり次へと進めていきたいと思います。

あと、タバコ銘柄関連でも大きな含み損になってますね (-᷅_-᷄๑)ダメジャン!

火中の栗を拾う

昨年の「年間取引報告書」を見て、当たり前ですがマイナスです。しかも何百万級。。。もう何がなんだかわからないですね (゚´Д`゚)゚オロオロ

ある程度分かってはいましたが一気に現実に戻されるとともに、これ以上の損失はもはや破綻してまうといったプレッシャーがど〜んと押し寄せてきました。

しかし、ここで楽になるためすべてを売却してしまうことは、負の経験といえど全部が無駄になってしまうことでもあり、余りに惜しくもあります。

幸でもなんでもないのですが、昨年末に初夏のスっ高値に比べて安いところで米国株を買っています。

投資の世界では年寄りの経験値より、若さゆえの時間がとても大切なことは身にしみて分かっているつもりですが、不惑を越えた年齢にありながら時間を味方につける配当投資に切り替えた以上、20年はガチホしてみようと思っています。※若くもなく健康に自信がないので時間軸の運用はけっこうキツいのですが、、、

信用取引が借金であることを忘れない!

ガチホは放置なので最早、気にも止める必要もありません。割と分散にしたので大人しく配当を受け取り、最悪配当がなくなった場合のみ銘柄の選定を変えるのみです。

配当再投資はあまり考えていないので、あらたな投資分は別途つくらなければなりません。

ここでいつも痛い目をみている現物担保での信用取引を考えたのですが、これはやはりマズイですね笑 破滅への鋭利な下り階段を転げ落ちるようなものです。

昨年、一昨年のように信用取引がマイナスになった場合、他の長期投資分で補填ができるような状況でしたらまだ良いのですが、今年は本当に後がありません。

おおよそ専門用語や株式市場にも慣れてはきたものの、銘柄の動きはマジで予測がつきません。「上がるだろう、下がるだろう」といった期待はできますが、50%以上の確率で結果を出すことなど決して不可能です。ボクの中でデイトレ・スイングトレ自体がギャンブルと思う所以です。

信用取引は借金である以上は利子も含めて返さなくてはいけませんし、開場中に仕事が手につかなくなるような状況は明らかに異常です。

そもそも配当金のみで本来は儲かるものなのですが、「億りびとになりたい」「配当だけで年間500万欲しい」など欲を出したばかりの失敗なので、再投資の資金は信用取引以外のきちんとした事業収入を増やすことで行っていきたいと思います ヽ(´ー`)ノヤルゾ!

最後まで読んでいただきありがとうございます (◍•ᗜ•́)✧
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

株式

Posted by ゆきえもん